FC2ブログ
新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by KAZUYA MIMURA  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

隆玄

まだピースがうまくできないので、彼にとってはこれがピース

D1000078.jpg




優菜は、カメラを向けると笑顔を作ってくれるんですが、いつもあんまり上手じゃない

D1000077.jpg

スポンサーサイト
by KAZUYA MIMURA  at 14:52 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

趣味

ぼくの趣味のひとつは、これです。

D1000051_2.jpg


そう、ぬか漬けです。

米国留学から帰国した後、子供の頃食べていたおばあちゃんのぬか漬けの味が忘れられず、1年半前に始めました。

最初は、市販のぬか床を使ってやっていましたが、どうしても良い味が出ず、、、しょうがないのでおばあちゃんにぬか床を分けてもらって(笑)、それからは超良い味が出てます

毎日、毎日、ぬかのお世話をしなきゃいけないので大変ですが、おばあちゃんのぬか床を継承する気概で毎日ぬかに愛情を注いでます
by KAZUYA MIMURA  at 22:01 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

友の門出

昨日、親しい友人の結婚式に出席させていただきました。ここ数年、仕事でしょっちゅう日本を離れていたので、友人の結婚式に呼んでもらっても、出席できないことが多かったので、ひさびさの結婚式出席。久しぶりにしみじみと感動しました。出席できてよかった

会場となったのは、目白のフォーシーズンズ椿山荘。ここは、明治期に山形有朋が作った庭園がもとになっているところで、東京に未だにこんなところが残っているのか、と感心させられる空間でした。結婚式前に庭園を一回りさせていただきました。
D1000043.jpg



D1000044.jpg


結婚式は感動そのもので。。
ぼくは、2003年に自分が結婚してから、人とのつながりとか、縁とか、そういうものの大切さが骨身に沁みるようになって、超涙もろくなってしまったのですが、今回のぼくの友人(Tくん、大手商社を退職してベンチャー企業を立ち上げている快男児)の結婚には本当に涙腺が緩みまくりでした

Tくん、末永くお幸せに。
by KAZUYA MIMURA  at 22:01 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

幼稚園

我が家の愛娘、優菜が4月から入園する幼稚園が決まりました!

D1000027.jpg


通常、幼稚園への入園というのは、入園する年の前の年の11月くらいには決まっています。うちの愛娘、優菜も、以前住んでいた杉並区で大宮幼稚園という幼稚園に見事(?)合格していたのですが、親の都合、というかぼくの都合で横浜市に引っ越してきたので、新たに幼稚園を探していました。

世間では少子化が叫ばれてますが、子を育てる親にとっては、あまり実感がわかないというか、子育て関連分野における需要と供給の関係は逼迫していて、例えば小児科の数も少ないし、幼稚園も、希望するところにすんなり入れる訳ではありません。

我が家の場合は、とくに入園直前の引っ越しだったため、何件か近所の幼稚園をあたりましたが、定員いっぱいで門前払いの幼稚園も多々。
優菜が入園することになった幼稚園は、たまたま転勤のために辞退された方がいらっしゃったので、運良く入ることができたのでした。

それにしても嬉しそうな優菜です。幼稚園の親子面接の後、見事合格した、そのお祝いをしようと「じゃあお寿司(ただし回ってるほう)でも食べにいこうか!」と提案したところ、「ハンバーガーがいい!!」と一歩も引かずに主張し、マックのハンバーガーをほおばるのでした

20080221114821.jpg



by KAZUYA MIMURA  at 11:14 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

救急車

3歳の娘の優菜が先日、人生初めての救急車に乗りました。その日、ぼくが夜、帰宅すると、娘は、なかなか寝付けずに「腕が痛い」と言って泣いていました。

結果的には、左肘が抜けていただけだったのですが、とりあえず119に電話。ぼくからは「おそらく左肘が脱臼しているだけだと思うので、救急車をお願いするまでもないようであれば、ほかの連絡先を教えていただければいいのですが」とお伝えしたのですが、119番の方は「ご心配なら救急車を読んだ方がいいですよ!もう手配しましたから!」と心強い対応

そして、本当にたった3分程度で救急車が到着この迅速さには本当に感動しました。

病院につくと、やはり肘が抜けていたようで、正式には「肘内障」というよう。処置はほんの10秒くらいで済んでしまいました

深夜12時も回っていたのですが、ちゃちゃっと処置してくれた当直のお医者さんにも感謝

アメリカにいたとき、救急車を呼ぶと、後から1000-2000ドル(10万円ー20万円以上)の請求がくるのが普通でした。
医療制度という観点から、本当にニッポンという国は良い国だと思った一日でした。そしてこの制度を今後も存続させるためには、高コスト構造を改革しなければいけないし、今の私たちの世代に課せられた仕事は大きいとも感じたのでした。

それにしても、本当に救急車が3分で到着するのは、すごい

IMGA0624b.jpg

by KAZUYA MIMURA  at 10:42 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

仲間たち

先日、経済産業省の同期が壮行会を開いてくれました。既に中堅の役人になっている同期たちはそれぞれのポストで大きな責任を担って活躍しているため忙しく、最近はなかなか同期どうしで飲み、語ることもなかったのですが、この日はとても多くの同期が集まってくれて、本当に楽しかった。
一人一人から激励の言葉やアドバイスや、本当にあったかい言葉をかけてもらいました。最後には花束と同期みんなからの何ページにもなるメッセージをもらい、感謝と感動で若干涙腺がゆるみました(笑)

ぼくの同期では、退職して別の道に進む同志には、送別会のあと、まず①胴上げをし、次に②円陣を組んでかけ声(ファイトーっみたいなやつです)、最後に③騎馬戦の騎馬を作って退職者を虎ノ門の駅まで乗せていく、という一連の動作が恒例になっており、ぼくは「恥ずかしいからあれだけはやめてくれ」と懇願しておいたのですが、案の定、有無を言わさずやってくれました(涙)
080208_222229.jpg


080208_222339.jpg


同期のみんな、ありがとう!(勝手に写真乗せちゃってごめんなさい☆)
三村和也、がんばります!


by KAZUYA MIMURA  at 18:11 |  未分類 |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

引越し

日曜日に官舎を引き払って、横浜に引越しをしました。
やっぱり横浜サイコー

天候は大雪でしたが、引越し業者の方々がてきぱきと仕事をしてくれたので、けっこうすんなりといきました。

が、家はまだまだダンボールだらけだし、ネットが開通するのはADSLなので2週間後くらいでしょうか。。
ということで、ブログの更新はやや怠慢になる可能性がありますが、それは外部環境のせいということで

by KAZUYA MIMURA  at 15:49 |  未分類 |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

KAZUYA MIMURA

Author:KAZUYA MIMURA
最愛の妻、最愛の娘、息子とくらす。強みは家族と仲間に恵まれていることと、まめなところか。弱みは多数。

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。